小鼻の修正を行う

鼻整形を行うときに、大きく見える鼻を修正するために小鼻の修正を行うことも可能です。
鼻筋が横に広がったように見えてしまい、不格好な大きさに見えてしまいがちな小鼻のサイズを修正することができるのが、鼻整形の技術です。
鼻の穴が目立つことによって、その穴をずっと人に揶揄されてきた経験を持つ人は少なくありません。その経験からコンプレックスを抱きやすい小鼻の問題は、鼻整形で解決することができます。
小鼻が広がって鼻の穴が見えるだけで、大きく見えやすいのが鼻という部分です。それを改善することは、理想的な顔のパーツをテにするために欠かせないことです。

実際に小鼻のサイズを修正するにあたっては、局所麻酔を使用して無痛治療で進行します。
麻酔に利用される針は一般の注射針や、美容外科で利用される麻酔針と比べても非常に細い、34ゲージの物を利用しています。
一般の注射針に利用される27ゲージと比べて、針の太さは半分に抑えられています。それによって、麻酔の痛みすらも感じることを最小限にすることが可能です。
そして、痛みを限りなく減らした状況の中で、切開をする部分もほとんど目立たない場所を選んで処置が進められます。
鼻の中で切開をする場合と、鼻の穴から小鼻の溝にかけての切開を行う場合とがありますが、いずれの場合も施術後に切開をしたことがわからない仕上がりになるのが特徴です。

ですから、安心して施術を受けることができるようになっています。
また、やりすぎて違和感がある状態になることを防ぐために、カウンセリングを事前に行ってシミュレーションしてから施術に移ることができます。
結果、絶妙なさじ加減での施術を受けることが可能であり、安心して身を任せることが可能です。